Cocoonカスタマイズ まとめ記事公開中

【必見】ブログ無料テーマCocoonの必須プラグイン6選+不要プライグイン4選

WordPress
スポンサーリンク
疑問くん
疑問くん

・WordPressの無料テーマCocoonに必要なプラグインって何?
・何のプラグインが必要で何が不必要なんだろう?

そんな疑問にお答えします。

大前提として、そもそもにWordPressにおいて、プラグインというのは基本的には不必要です。

何故ならプラグインを入れるとサーバーに負荷がかかり、ページの読み込みに遅延が生じる可能性があるからです。

ページの読み込みが遅くなるとその分だけ読者の数は減るので、WordPressのプラグインをインストールするのは必要最低限に抑えるべきです。

なので、今回は、本当にインストールしておくべきWordPressのプラグインとインストールする必要が無いプラグインをご紹介します!

スポンサーリンク

Cocoon 必須プラグイン

Akismet Anti-Spam – スパムコメント対策

Akismet Anti-Spamとは、スパムと思われるコメントやトラックバックを自動判定して分類し、管理者のサイト運用を助けるプラグインです。

疑問くん
疑問くん

・スパムってそんな頻繁に来るものなの?

そう疑問に思われる方もいると思いますが、実は結構来ます!

私もブログを開設して1か月しか経っていないのに外国の方からコメント欄にスパムが送られてくるほどです。

スパムはアフィリエイトやブログの運営には非常に邪魔な存在でしかないので、スパム対策プラグインは必須なのは間違いありません!

WP Multibyte Patch – 日本語対応には必須

WP Multibyte Patchとは元々英語用に作られているWordPressが、これらの違いに対してパッチを当てて日本語でも正常に動作するよう作られたプラグインです。

WP Multibyte Patchをインストールしていないと困る要因に、検索機能が正しく動作しないことが挙げられます。

例えば、「Cocoon カスタマイズ」と検索したとします。

そうすると、「Cocoon読者は必見!WordPressのカスタマイズ方法」という記事は検索に引っかかりません。

疑問くん
疑問くん

検索したキーワードはタイトルにあるのに検索にひっかからないの?

実は、WordPressは全角スペースが区切りとしてではなく、文字列として扱われるんです。

その問題を解決してくれるのが、WP Multibyte Patchであり、インストールしておくことで検索機能を日本人向け機能に合わせてくれます。

貴方のブログが日本人向けに記事を書いているなら絶対にインストールしておくべきです!

Google XML Sitemaps – Google Search Consoleに必須

Google XML Sitemapsとは、XMLサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

XMLサイトマップは簡単に言うと、検索エンジンのクローラーと呼ばれるロボットに早く記事の更新を認識させるものです。

これはSEO対策にも関わることなので、インストールしない理由がありません。

Aurora Heatmap – 読者の目線を分析するのに必須

Aurora Heatmapとは、「サイトのどの部分がクリックされたか」や「どの部分がよく読まれたか」、また、「どの部分で訪問者が離脱したか」等を視覚化して分かりやすくしてくれるツールです。

私のブログを例にすると、「クリック分析」でこのように表示されます。

これを見ることで、どの部分に読者が目線を向けているのか、どのように記事を修正すると読者の目線に合うか、などを考えることができます。

ブログは決して独り善がりなものとなってはいけないので、Aurora Heatmapを使って、読者が読みやすい記事を書いていきましょう!

AddQuicktag – ブログをカスタマイズする人は必須

AddQuicktagとは、任意のコードを登録することができるプラグインで、記事内で簡単にコードを挿入することができるようになります。

私のブログ Y&K Studioでも多くのカスタマイズ記事を紹介していますが、どれもAddQuicktagを使用することが多いです。

他の人と違ったデザインなブログにしたい!と思われる方は絶対にインストールする必要があります!

AddQuicktagの使い方はこちらから。

a3 Lazy Load – 動画をブログに埋め込む人は必須

a3 Lazy Loadとは、動画や画像を遅延読み込みしてくれるプラグインです。

遅延読み込みのメリット

遅延読み込みとは、読者が画像または動画のある手前に来た瞬間に読み込みを開始して表示する方法。
読者がページを読み込んだときはテキストだけを読み込むので表示スピードが速くなるというメリットが存在する。

WordPressの無料テーマCocoonは画像の遅延読み込みをテーマの方で行っていますが、動画に関しては遅延読み込みを行っていません。

Cocoonユーザーだけでなく、動画をブログに入れ込む人は必ずインストールしておくべきです!

スポンサーリンク

Cocoon 不要プラグイン

All in one SEO Pack – 超有名なSEOプラグイン

近年、多くのWordPressのテーマで不要と言われている筆頭がAll in one SEO Pack

SEO対策における多くの機能を一括でコントロールできるので多くのブログでは必須プラグインと言われていたが、CocoonではデフォルトでSEO対策がされており不要なプラグインです。

Jetpack – アクセス解析

JetpackはWordPressを利用する上で便利なアクセス解析や問い合わせフォーム、SNS自動共有など多くのパッケージを取り込んだプラグインです。

当たり前ですが、多くの機能を包含している為、非常に重たいプラグインです。

Cocoonに至ってはデフォルトでアクセス解析を行っているし、Google AnalyticsやSearch Consoleなど自前でできることが多々あります。

お問い合わせフォームは後述するContact Form 7と同様にGoogle Formを使えばプラグインを使う必要もないです。

Contact Form 7 – メールフォーム作成プラグイン

Contact Form 7とは手軽にお問合せページを作成することができるプラグイン。

多くのブロガーはGoogle Adsenseの申請にお問い合わせフォームの設置が必須ということで、Contact Form 7を使用することが多い傾向にあります。

しかし、Jetpackの章で書いたが、お問い合わせフォームを作成するのに態々プラグインを使用する必要はありません。

無料で使用できるGoogle Formを利用すれば、お問い合わせフォームを手軽におしゃれに作成できます。

Google Formを使ったお問い合わせフォームが如何様なものか知りたい人は以下のリンクからY&K Studioのお問い合わせフォームが確認できます。

EWWW Image Optimizer – 画像圧縮プラグイン

EWWW Image Optimizerは数多ある画像圧縮プラグインの1つです。

勘違いしないで欲しいのが、EWWW Image Optimizerというプラグインが不要というのではなく、画像圧縮プラグインそのものが不要です。

と言うのも、画像の圧縮に関してはプラグインに頼ることなく、画像を圧縮してくれる無料のサイトで圧縮してからWordPressにアップロードすればいいからです。

オススメの画像圧縮サイトはこちら。

その労力が面倒だという人は一度インストールして画像の圧縮をしたら、その後にプラグインを削除しよう。

不要なプラグインを削除せずに置いておくのはWordPressのメンタルヘルス的に良くないので、削除することは忘れてはいけません。

コメント