Cocoonカスタマイズ まとめ記事公開中

Leawoの動画編集ソフト「Prof.Media」を実際に使ってみた結果

ソフトウェア
Yoshitaka
Yoshitaka

こんにちは!
この記事に興味を持って頂きありがとうございます。

今回は、縁あってLeawo Software社のハイエンド・映像変換ソフト『Leawo Prof. Media』をレビューさせていただける機会を頂戴しました。

  • 安全なソフトなんだろうか?
  • Prof.Mediaって何ができるんだろう?

この記事を読めば、以上のような悩みや疑問がスパッと解決できると思います!

では、Let’s Start!

日本国内でコピーガードの付与された映像ソフトウェアをリッピングする事は、『私的利用の範疇を超える』という見解に基づき原則違法となっています。
本記事の閲覧、及びソフトウェア利用にあたっては、国内での法規にのっとった範囲での利用を行う事を厳守してください。
スポンサーリンク

Leawo Software社

Leawo Software社は2007年に創業し、中国に本社を構える会社です。

Blu-ray・DVDの再生/変換/コピー/作成をはじめ、動画変換・ダウンロードなど様々なソリューションの提供を行っており、Leawo Prof. Mediaの使用ユーザー数は全世界で何と1,000万人を超えています。

勿論ですが、WindowsとMacの両方に対応した商品を扱っています。

安全性の問題に関して、人によっては日本製の商品じゃないという所で避けてしまう人もいるかもしれませんが、

  • 30日間返金保証
  • 1営業日以内サポート対応
  • データ通信はベリサイン社の最新技術によって保護

ということがホームページにも明記されています。

だから、安心というわけではありませんが、実際に今回、私がメールでLeawo Software社の方とやり取りをさせて頂いた時は日本語で直ぐに対応をしてくださり、非常に良い印象を得ました。

スポンサーリンク

Leawo Prof. Media

Prof.Media 起動画面
Leawo Prof. Media 起動画面

先ほど一度ご紹介していますが、改めてもう一度。
Leawo Prof. MediaはBlu-ray・DVDの再生/変換/コピー/作成をはじめ、動画変換・ダウンロードなど様々なソリューションを提供してくれています。

具体的に纏めますと以下の通りです。

Leawo Prof. Mediaのできること
  • Blu-ray/DVD 変換
  • Blu-ray/DVD 作成
  • Blu-ray/DVD コピー
  • HD動画変換プロ
  • Youtube変換プロ
  • Blu-ray Cinavia 除去

スポンサーリンク

使用した感想

(〇)直感的に操作が可能

実際に触って一番感じたことが、操作がとても簡単だということです。

こういった動画編集ソフトはカスタマイズや設定が多くありすぎてしまい、初めて使う人が十分に機能が使えない!などということがあります。

しかし、Leawo Prof. Mediaは設定なども元の動画から自動で全て読み取ってくれるので、基本的に自分で何かを設定するということはありません。

Prof.Media 設定画面
Leawo Prof. Media 設定画面

(〇)変換速度が速い

私が持っていた約1GBの動画を変換した所、90秒ほどで変換を終えてくれました。
これは私が今まで使ったことのある他のソフトと比べても優秀な部類に入ると思います。

ただ、私の使っているPCはGPUを使用しているので、GPUが有るか無いかで結構速度に違いは出てきます。
その点をご注意ください。

(〇)変換できる拡張子の数が豊富

変換できる拡張子(.mp4や.mp3)がとても豊富なのは、変換ソフトとしてとても優秀です!

ざっと、変換可能な拡張子を数えても30種類以上。
恐らく、変換できないという拡張子は無いと思われるので、買って損した!ってことはきっとありません。

ちなみに変換可能な拡張子は以下になります。

変換可能な拡張子

AVI, MP4, DAT, WEBM, RMVB, RM, MPG, MPEG, VOB, MOV, M4V, QT, FLV, F4V, NSV, NUT, MKV, MTS/M2TS/TS/TP/TRP(AVCHD, H.264, VC-1, MPEG-2 HD), MOD, TOD, DV, WMV, ASF, 3GP, 3G2, DVR-MS

(〇)必要な機能のみを購入可能

Leawo Prof. Mediaは直感的に操作が可能であること、変換速度が速いこと、変換できる拡張子の数が豊富であること以上に素晴らしい点が存在します。

それは、Leawo Prof. Mediaは欲しい機能だけを選択して購入することが可能という事です。

Leawo Prof. Media ライセンス登録画面
Leawo Prof. Media ライセンス登録画面

例えば、DVDコピーはしたいけど、Blu-rayコピーは要らない。
例えば、Youtubeダウンロードはしたいけど、DVD変換やBlu-ray作成といった機能は要らない。

こういったことってありますよね。

そんな我々の思いに完璧に答えてくれて、Leawo社は個別に購入して利用できる形で販売してくれています!

欲しい物を欲しい分だけ利用する。
これって最高の買い物だと思いませんか?

(×)変換できる解像度が1024×768まで

私が今回使ってみた中で、少し残念だと思ったのが、動画を変換した際に出力できる解像度が最高で1024×768までしか対応されていなかったことです。

例えば、1920×1080のFHDの動画を変換したら出力は1024×768になってしまいます。

Pdof.Media プロファイル編集画面
Leawo Prof. Media プロファイル編集画面

変換さえできたらOKという人は問題ないですが、変換しつつ動画の解像度も落としたくないという人には少し不向きなソフトかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はLeawo Prof. Mediaを実際に使ってみたレビューをさせて頂きました。

私はフリー版ではなく、ライセンスコードを使った製品版を使用しました。
なので、基本的な機能を一通り使える状態で、本ソフトを使った結果、今後も使っていこうかなと感じるほどには素晴らしいソフトだったと思います。

私の満足度は高いものの、お値段1万4千円と少し高いと思ってしまわなくもない金額。
これが安いと感じるかは人それぞれだと思います(笑)

まぁひと先ずは、フリー版を一度インストールしてみて、それで購入するかどうかを検討するのが一番いい方法だと私は思います。

以下に公式サイトのダウンロードリンクを貼っておきますね!

コメント