Cocoonカスタマイズ まとめ記事公開中

【オシャレ】カメラ女子必見!可愛くて軽いカメラ用ストラップ

ガジェット
スポンサーリンク
Kana
Kana

一眼レフカメラって重たいな……って思ったことありませんか?
私はいつも思っています。

私の愛用カメラCanon EOS 9000Dはボディが540gと一眼レフカメラの中では軽い方なのですが、ずっとカメラを持ってると首や肩が痛くなってしまいます。

Kana
Kana

一眼レフカメラってデザインがちょっとシンプルすぎるって思いませんか?

多くのプロモデルのカラーは黒一色!
相方のYoshitakaはかっこいいといいますが、やっぱりカメラ女子はおしゃれなのが良いですよね。

実は、そんな私たちカメラ女子に朗報があります!
カメラを軽く持てて、さらに、おしゃれで可愛いカメラストラップがあるんです!

それが、サクラスリングです。

スポンサーリンク

サクラスリングとは?

3児のお母さんである杉山さくらさんがベビースリングを子育てに使った経験を元に考え出したものです。

とてもオシャレで素敵な商品である為、数多くの賞も受賞されています。

  • 2015年「グッドデザイン賞」
  • 2017年「おもてなしセレクション」
  • 2019年「DGP2019デジタルカメラグランプリ 企画賞」

スポンサーリンク

サクラスリングの魅力

サクラスリングの魅力は数多くあるのですが、今回は4つに焦点を当ててご紹介したいと思います。

サクラスリングのここが良い!

・幅の広いスカーフ生地が重さを分散

・洗濯ができる

・ファスナーポケット付き

・カメラをくるんで鞄に収納できる

幅の広いスカーフ生地が重さを分散

サクラスリング
サクラスリング 公式サイトより引用

一般的なカメラストラップを使用していると、布の面積が少ないため、肩にかかる負担が馬鹿になりません。
私のように非力な人間には少し良いカメラを見つけても、カメラの金額ではなくカメラ本体の重さで断念する場合があります。

そんな私のような人間でもサクラスリングは幅の広いスカーフ生地が使われているので、重さが分散され、とても楽に持つことができます。

洗濯ができる

夏、外でカメラを持って撮影していると汗を沢山かいてしまいます。
これは仕方ないことですが、首にひっかけているストラップは汗で汚れてしまうんですよね。

家に帰ってきてストラップを毎回、手洗いで洗うのは正直辛い……。

しかし、サクラスリングは簡単に取り外しができて、かつ、洗濯機で洗濯することが可能なんです!

私の相方は「汗で濡れたストラップは男の努力の証だ!」などと意味不明な供述をしておりますが、やっぱり洗濯機に放り込んで簡単に洗濯できるというのは最高ですよね。

ファスナーポケット付き

サクラスリング
サクラスリング 公式サイトより引用

サクラスリングには小物ポケットがついており、カメラのレンズキャップなどを入れておくことができます。

私はいつも写真を撮りに行くときは、普通の鞄とカメラバックの2つを持っており、荷物が多いのですが、このサクラスリングがあれば、普通の鞄1つだけで写真撮影に行けちゃいます。

さすがに交換用レンズをサクラスリングのポケットに入れておくことはできませんが……(笑)

カメラをくるんで鞄に収納できる

サクラスリング
サクラスリング 公式サイトより引用

皆さんはカメラをカメラバッグに入れるとき、無造作にそのまま入れていませんか?

サクラスリングは、カメラを完全にすっぽりと包んでしまえるほどに大きいので、皆さんの大事なカメラを保護してくれますよ!

スポンサーリンク

実際に使ってみたレビュー

カメラを付けて持った時は、その軽さに驚きました。
カメラ本体はとても重たいのに、幅の広い布全体で支えているので、重さを全く感じないんです!

また、肌ざわりが良いのも好感触!
純正のストラップは少しばかり硬く、肌に直接触れるとチクチクとするのですが、サクラスリングはスカーフ生地なので、肌に直接触れても痛くなく最高でした。

肩からずり落ちる可能性を心配する方もおられるかもしれませんが、実際にカメラを持って撮影していると、ストラップが肘より下に落ちるという感覚は全くありませんでしたね。

サクラスリング
サクラスリング 公式サイトより引用

また、布の柄もいろいろあり、おしゃれ感覚で身に着けることができます。
女性向けだけでなく、男性も使えるシックな柄もありますから男性カメラマンも要チェックですよ。

スポンサーリンク

カメラが重たいならストラップで軽くしよう!

冒頭でもお話したように重さ」というのはカメラを続けてく上で最も重要な要素だと私は思っています。
持っているのが辛くなってしまうと折角の撮影や旅行を楽しむことができなくなってしまうからです。

なんだかカメラが重たいな、もう少しカメラ周りをおしゃれにできないかなと思っている方におすすめです!

コメント