Cocoonカスタマイズ まとめ記事公開中

【2022年版】WordPressで収益化を目指す初心者におすすめの有料・無料テーマ

WordPress
疑問くん
疑問くん

・WordPressでブログを始めたいけどテーマって何を選べばいいの?

・有料テーマと無料テーマの違いって何?

・おすすめのテーマとかあるのかな?

そんな疑問を解消します!

WordPressでブログを始める時に、サイトのデザイン性や書き易さ、カスタマイズ性の部分に最も関わるのが「テーマ決め」です。

WordPressのテーマは有料のものから無料のものまで沢山ありますが、中には企業向けに特化したテーマなどもあり、貴方の望むテーマを選ぶことは、ブログを継続して収益化を達成するのに非常に重要な要素です。

今回は、個人ブロガーが収益化を目指しやすい、つまり、デザイン性が良く、カスタマイズ性があり、記事が書きやすい工夫がされている有料テーマと無料テーマをそれぞれ紹介します!

スポンサーリンク

WordPressテーマとは

WordPressのテーマとは、「サイト全体のテンプレート」です。

例えば、サイトのデザイン性や、記事を書く際の機能の豊富さ、管理画面の使いやすさなど、WordPressのテーマは多くの部分に影響を与えます。

テーマを選ぶ際に多くの人はデザイン性を重視してしまいがちですが、単純にデザインだけで選んでしまうと、サイトを運営していく中で使い勝手やセキュリティに問題が発生することが多々あります。

そこで、テーマを選ぶ際にデザイン性や価格以外の部分で確認すべきポイントを3つ紹介します。

テーマの選び方① レスポンシブ対応デザイン

第一に、レスポンシブ対応しているテーマを選びましょう!

レスポンシブ対応デザインとは、スマートフォンとパソコンで表示される画面がそれぞれ別々に用意されているデザインのことを言います。

レスポンシブ対応したテーマを使うことで、スマートフォンやパソコンにそれぞれ最適化されたサイトが表示することができます。

近年は、スマートフォンからのサイト閲覧が増えているので、スマートフォンに対応したデザインが表示できるレスポンシブ対応のテーマ選択は必須と言えるでしょう。

テーマの選び方② 日本語対応かどうか

WordPressは全世界で最も人気のCMS(コンテンツ管理システム)なので、世界中の人がテーマを作成しています。

その多くは英語で作成されているので、選んだテーマによっては全て英語で設定をする必要があり、カスタマイズする際に多くの時間がかかったりする場合があります。

今回、紹介するテーマは全て日本語対応しているので、気に入ったものがあれば、紹介しているテーマの中から選ぶことをおすすめします!

英語が堪能な人は、敢えて英語のテーマを選択するというのは、多くの日本人ブロガーと差別化がしやすいので「有り」です!

テーマの選び方③ カスタマイズ性

テーマを購入する前に、サイトのカスタマイズがしやすいか、ネットで検索することを強くおすすめします!

例えば、私が使っているCocoonは「Cocoon カスタマイズ」と検索すると多くの検索が表示され、中には私の記事なども色々出てきます。

サイトは購入したテーマのままだと、デザインが他の人のサイトに良く似ていたり、自分のちょっとした好みと異なっていたり、サイトのカスタマイズは無性にしたくなるものです。

※むしろ、カスタマイズしたくなるぐらい自分のサイトを好きになりましょう。

なので、テーマを購入する際は、「購入したいテーマ+カスタマイズ」などで検索して、カスタマイズがしやすいかをチェックしましょう!

ちなみに、今回紹介しているテーマの多くはカスタマイズ記事も多く、また、問い合わせからメールをくだされば、無料でカスタマイズの相談に乗りますので、気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

【有料】THE THOR

集客・収益化に特化して作られているテーマが「【THE THOR(ザ・トール)】」です。

THE THORはSEOという検索した時に上位に配置されやすいような対策がされており、個人ブログで収益化を目指す人の多くが購入されているテーマです。

収益化を目指すには、当たり前ですが、多くの人に見て貰う必要がありますが、THE THORは独自の機能でサイトがGoogleで検索した時に上位に入るよう工夫されているので、安定した収益化までの道のりが他のテーマより早いことで有名です。

また、初心者で陥りがちなサイトのデザイン性が他の初心者と被りやすいという問題も、THE THORは管理画面の「カスタマイザー」という項目で1クリックするだけで好きな色・デザイン・パターンに簡単に変更できます。

正直、THE・THORは購入して失敗だったという感想を抱くことが無いテーマと言える非常に素晴らしいテーマです。

なので、THE・THORの購入を躊躇う必要は無いと思いますが、テーマにお金を掛けたくないなぁという人は、私も使っているCocoonの検討をおすすめします。

THE・THORに比べると無料ですので収益化までの道のりやサイトのカスタマイズなど大変ですが、その労力を惜しまない人はCocoonは検討の余地ありなテーマだと私は勧めます。

【THE THOR(ザ・トール)】公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

【有料】NOMAD

余計な装飾なんて要らない、必要なのはコンテンツの価値を伝えること。

そういった思いから作られたのが「NOMAD」です!

有料テーマの多くは沢山の機能、沢山のデザインテンプレートを用意しがちですが、NOMADはシンプルなデザインに注力することで、読者にコンテンツを伝えやすくする機能が多く設定されています。

もちろん、レスポンシブ対応のテーマで、PC・スマートフォンだけでなく、タブレットにも最適化されたテーマとなっています。

THE・THORと比べて、サイト全体はシンプルでコンテンツの中身を重視したい人にはおすすめのテーマです。

NOMAD公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

【有料】SWELL

先に紹介したテーマに比べて、非常に新参者なテーマが「SWELL」です。

SWELLは「ユーザーのモチベーションを引き上げるテーマ」「最新状況を常に把握し、最適化し続けるテーマ」の2つを目標として作られています。

開発者の方が非常に熱心で、新規機能の追加やアップデートの更新が非常に早く、多くのユーザーから満足度の高い有料テーマとして人気を有しています。

テーマの公開当初はTHE・THORと比べて同等の金額だったのですが、最近、機能の充実化から、値上がりしてしまっているのが少しネックですが、その金額を出すだけの価値はあると感じるテーマですので、軍資金があるユーザーは購入の検討有りのテーマだと言えます。

SWELL公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

【無料】Cocoon

公式サイトより引用

無料でWordPressテーマを購入したい人は、これ一択といっても過言ではないテーマが「Cocoon」です。

Cocoonは無料テーマなのにもかかわらず、レスポンシブ対応は勿論、アフィリエイト系のリンク作成が簡単であり、サイト管理画面の操作性も非常に高いのが魅力です。

はっきりいって、作成者のわいひらさんには足を向けて寝ることができなくなる非常に優れたテーマです。

ただ、やはり無料テーマということもあり、サイトのデザイン性などは有料テーマに負けてしまうところがありますが、多くの人がカスタマイズ記事を挙げており、私もCocoonユーザーとして有料テーマに負けないデザインにカスタマイズできていると自負しております。

有料テーマは高いから手が出せない人、という人だけでなく、CocoonはSWELLと業務提携を行っているので、まずは無料で試して、満足しなかったらSWELLなどに移行するというステップもありなので、迷っている人はCocoonから使ってみるというのもおすすめです!

Cocoonの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

【無料】Arkhe(アルケー)

公式サイトより引用

Cocoonほど有名ではないですが、SWELLのテーマと同じ人が作成しているのが「Arkhe」です。

Cocoonとの違いは、Arkheはカスタマイズをすることが前提に作られたテーマですので、購入した当初は本当にシンプルなテーマとなっているということです。

Arkheの魅力はシンプルさもですが、SWELLの作成者が作っているテーマですので、SWELLと似たような機能を使うことができるということが挙げられます。

プログラミングが趣味でサイトのカスタマイズとかに興味がある人や、ちょっとしたブルーオーシャンを狙いに行く人はCocoonではなく、Arkheを選ぶのが良いかもしれません。

逆に、そういったことが苦手な人にはおすすめできないテーマなので、そういった人はこれ以外のテーマを購入することを強くおすすめします!

Arkheの公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

Q&A

有料テーマと比べて無料テーマで収益化は難しいですか
無料テーマだから収益化が難しいということは無いと思います。しかし、収益化までの速さという面では、有料テーマのほうが早く安定した収益化を見込める可能性が高いと私は思います。
最初は無料テーマで後から有料テーマに移行するというのはありでしょうか
全然ありです!ただ、正直、おすすめするなら無料テーマでいくなら無料テーマで、有料テーマにするなら最初から有料テーマをおすすめします。テーマを変更するのは今まで書いた記事のレイアウトが崩れることがあるので、可能ならば最初から最後まで同じテーマを使うことがベストではあります。
Y&K Studioのお二人は何故Cocoonを選ばれたんでしょうか
ぶっちゃけテーマにお金を掛けられるほど軍資金が無かったのが本音ですが、それでもCocoonを選んだのは筆者Yoshitakaがプログラミングができるので、サイトのカスタマイズのしやすいテーマということでCocoonを選びました。今、お金を出して買うならTHE・THORかSWELLの二択で迷うと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました